会社概要

株式会社アテンド 経営理念

「情報の快適活用は、人々に余裕・優しさを与える」

代表取締役ご挨拶

代表取締役 上村義明

 私どもアテンドは、新潟県内の企業様のIT化を促進して参ります。

 この業界で一番痛感することは、デジタル化すれば何とかなる的な発想のもと出来上がったソリューションの未完成度。元来からの重要な「人としての心」が欠落してしまう危険を伴うIT化社会。そんな「理数系理論」対「文 化系理論」の橋渡しが出来る企業を目指し、地域1番店、ITの町医者を作り上げてきました。

 現在、お陰様で県内制作実績1,500サイト を超え、『アテンドパーク/集まる広場』も10,000社を突破しました。コンセプトは、製品を販売する企業団体ではなく、製品を使いこなせるお手伝いが出来る企業。県内の多くの方々に認知されましたのも、私自身が、IT不得意な「文科系人間」だったからこそ理解して頂けているものと確信しております。

 これからも、ITを使いこなせる企業様に重点を置くのではなく、これから始められる企業様や、理数系ソリューション会社から放り出された企業様のために、本当の企業理念や素晴らしい製品を全国ひいては世界へPRさせて頂いたり、社内のシステム化による経費削減を実現達成することを目指して参ります。

 私どもアテンドは、心が伝わるソリューション提案をいたします。

 

社名をアテンド(attend:奉仕)に決めた理由はふたつあります。

 

 ひとつ目は、「奉仕」こそが、現在の中小企業IT化に必要不可欠だという思いです。様々な素晴らしいシステムが、大手企業によって開発されました。 しかし、実際に導入され、活用されていくまでには、かなりの費用が掛かかります。いわゆるIT化をするために社内のルール付けから方向性や戦略などを考慮していくと・・・ それ相当の時間を要してしまうでしょう。

 このプロセスに、必ず「通訳」がいると強く感じたのです。さらに言えば、メー ルや電話だけではなく、実際にお会いしてヒアリングすることが重要なのだと。値段だけでは計れない価値のために奉仕しようと名付けた社名が「アテンド」で す。地域密着で集まり、参加して頂き、お客様に奉仕する会社です。

 ふたつ目は、「ドメイン」の重要性です。2000年当時には既に、企業ドメインを確保する意味を知っていました。そこで直ぐにドメイン検索をして取得したのが「attend.co.jp」です。最近では社名変更をされる企業 様も多く有りますが・・・ 出来れば社名と一緒にドメインも同時に調査され、確保される事を強くお勧めします。

 

好きな言葉

企業は物を稼ぐ(売る)のではなく人を稼ぐ(残す)

代表取締役 上村 義明
お問い合わせメールフォーム