南魚沼市

南魚沼市は新潟県中越地方に位置する市です。2004年に南魚沼郡六日町と合併し、市制施行しました。
市名は両町住民などを対象に公募がなされた結果をもとに、「地域を地理的にイメージできること」「地域の歴史・文化に因むこと」「地域住民になじみやすく親しみやすいこと」を基準としてつけられました。
隣接する湯沢町と同じくウインターリゾート群をかかえる南魚沼市は新潟県内でも安定した積雪ですべての観光客のニーズに応えます。

南魚沼市の魅力を全国に発信!集客対策(SEO)をお考えの方、アテンドにお任せ下さい

南魚沼市は雪のイメージが強いですが、冬だけではなく、春から夏にかけては八海山の新緑や咲き乱れる様々な花を見ることができたり、魚沼丘陵を尾根沿いに縦貫している魚沼スカイライン では素晴らしい展望と美しい自然が
約20㎞にわたり楽しむことができ夏の避暑、秋の紅葉と、季節と眺望を十二分に楽しめるおすすめのドライブコースとなっています。またお米や日本酒、スイカなどたくさんの有名な食べ物もありますが、地元の人しか知らない魅力あるグルメや自然など、もっとたくさんの人に知ってもらいたいセールスポイントありませんか?

アテンドのホームページを活用して地元の魅力を発信しましょう!

 

南魚沼市の基本情報

人口 59,320人(H27.2月現在)
年平均気温 -
年平均降水量 -
観光スポット 八海山・舞子スノーリゾート
名物(名店) ちまき・八色西瓜

南魚沼市のグルメ・観光

南魚沼市のグルメ

笹ちまき

新潟県で有名な笹団子や笹ちまき。
南魚沼のこがねもちで作った手作り特製ちまきは最上質のもち米と八海山の良質な水から作られ、自生する生笹でくるんだ自慢の一品。

笹を取り きな粉をまぶせば大人から子供まで人気の和菓子となる。


南魚沼市の観光

八海山

八海山の魅了はその絶景にある。
緑の新緑、秋の紅葉、冬の銀世界、四季折々に変化する景勝を楽しむことができる。
また、春から夏にかけてはロープウェーが運行され、
トレッキング初心者でも気軽に楽しむことができる。


山頂展望台から上信越の山々や快晴の日には日本海、佐渡島まで見える美しいパノラマが360゜楽しめる。

 


舞子スノーリゾート

舞子高原ホテルと併設されている、リゾート施設。
ゲレンデは舞子ゴンドラを中心に3つの地区に分かれており、子供向けのスノーパーク・そり専用コースも用意されている。
スキー場全体はバランスよく中級、上級コースが用意されており、迂回コースも用意されていることから初心者から上級者まで楽しむことができる。

ゲレンデ内には山麓のみならず中腹にもレストハウスが点在しているため一面銀世界の景色を眺めながら食事を楽しめる。

冬から春にかけてウィンタースポーツを楽しんでいただきたい。


南魚沼市地域密着の姿勢

南魚沼市といえばこしひかりですが魅力的な観光スポットや

グルメはまだまだたくさんあります。

新潟県にお住まいでも意外と知らないことが多かったのではないでしょうか。

弊社ではアテンドパークで新潟県内の情報を提供しております。

南魚沼市ならではの魅力を伝えるには地域密着の弊社だからこそできる強みがあります。

face to faceでお付き合いさせていただき効果的なSEO対策・集客対策を作っていきましょう。

新潟県内無料で訪問させていただきます。

南魚沼市の制作事例

塩沢つむぎ記念館 様

塩沢の織物の伝統技術と文化の魅力を一堂に公開した「織りの文化の新拠点」で小物づくりや機織りの体験などができる塩沢つむぎ記念館様のホームページを作成させていただきました。

歴史ある伝統技術と文化の魅力を伝えるためロゴカラーに合わせグリーンを基調に上品に仕上げました。またオンラインショップも併設しており、横に並んだメニューもひとつひとつ可愛らしくすべてのページが見たくなるようなデザインになっております。

有限会社上村精工 様

マシニング加工、研磨加工などの切削加工により、各種部品、治具の製造を行っている有限会社上村精工様のホームページを作成させていただきました。

 ポップな色合いの青とオレンジを使いエネルギッシュでインパクトのあるホームページになるよう心がけました。

ところどころにオンマウスで動きがあったりと細かい箇所もこだわり、遊び心のあるサイトとなりました。

コシヒカリたちの有限会社 様

日本一おいしいと評判の『南魚沼(旧塩沢)』産のコシヒカリとお餅を農家"直"食卓まで直接配送しているコシヒカリたちの有限会様のホームページを作成させていただきました。

 メインカラーをグリーンを基調とし、爽やかなデザインのオンラインショップとなりました。TOPページでスタッフさんの写真を使用したり、生産者紹介で親しみや安心感のあるサイトとなりました。左のメニューからの商品の探しやすさも重視しユーザビリティを考えながら作成しました。

お問い合わせメールフォーム